ドライバー紹介
DRIVERS
THINK OF YOURSELF, NEW IDEAS, THAT CUSTOMERS WILL BE PLEASED INTRODUCE, INGENUITY AND INGENUITY. MORE, MORE CUSTOMERS TO BE COMFORTABLE AND SAFE, YOU CAN USE A TAXI. IT IS NATURAL THAT YOU THINK OF CUSTOMERS. BETTER YET ALWAYS THINKING, DO NOT FEAR FAILURE, SHAPE IT, I AM DELIGHTED WELL RUN YOUR CREATIVITY, FOR YOUR SMILEY FACE. THAT IS A SWALLOW TAXI.
CREATIVE DRIVER
創造力を走らせる
ドライバーに
なるための研修とは
ご紹介するドライバーは、全員が未経験からのスタート。年齢も入社動機もそれぞれに違いますが、創造力があるという部分で共通しています。創造力と聞くと、ユニークな発想をイメージしがちですが、ドライバーにとっての創造力とは、つまるところ人間力。「誰かのために何かをしたい」と思い、実行できる力を、つばめタクシー大和グループのドライバーは保持しています。
玉置 諒介
RYOSUKE TAMAOKI
平瀬 昇
NOBORU HIRASE
蔭山 浩和
HIROKAZU KAGEYAMA
玉置 諒介
RYOSUKE TAMAOKI

社歴

2年目

前職

不動産営業

趣味

愛猫と過ごす

転職動機

頑張った分だけ稼ぎたい

入社理由

昔からTVCMで知っていた

入社後感じたこと

つばめブランドの浸透度の高さ

本を作れるくらい、様々な人生模様と出会える

前職は介護施設の物件紹介に関わっていました。やりがいはあったものの、給与が固定給だったので、どれだけ頑張っても稼ぎは変わりません。そこで思い浮かんだのが、タクシードライバーという選択肢です。頑張った分だけ稼げるし、幅広い年齢層の人たちの話を聞けるのではないかと。人の話を聞くことが昔から好きだったんですよ。タクシーでの出会いは一期一会なので、お客様は胸襟を開きやすく、ときには年配の方から戦争の話を聞くこともあります。ストーリーを集めていけば、そのうち本を作れるかもしれません。

AIと自分の勘をもとに、人の動きを読む

『AIを活用した需要予測システム』は、まるでゲームのようですね。モニターのMAPが格子状に分けられていて、一つひとつの枠に「そのときに必要なタクシーの台数」が表示されます。多くの企業の定時である18時を過ぎれば需要予測の数値は上がりますが、数値が上がるところに行けばいいわけでもありません。つばめグループの他のタクシーも画面上に表示されるので、需要の高いエリアに空車が複数向かっていれば、敢えて他に行くこともあるんです。AIと自分の勘をもとに人の動きを予測しながら、毎日楽しく車を走らせています。

マイペースで働けるから、ここぞで集中できる

日々楽しく働けている理由として、ワークスタイルの自由度が高いことも挙げられます。休憩時間を取る時間帯を自分で決められますし、休憩時間の長さも大体1時間半くらいですが、特に明確な決まりはありません。自分のペースで働けるからこそ、ここぞというときに集中力を発揮できるのかもしれないですね。お客様との会話を重ねて人間としての厚みを増し、人の動きを予測する力を身につけ、自分なりの価値を創造する。そんな未来を思い描いています。

平瀬 昇
NOBORU HIRASE

社歴

12年

前職

自営業

趣味

ゴルフ

転職動機

50代でもチャレンジできる

入社理由

先進性とホスピタリティ

入社後感じたこと

研修がとても丁寧

一人ひとりに寄り添う温かみがある

私が転職したのは、55歳のときです。つばめタクシーの存在は前々から知っていて、先々の動きを読んで行動を起こしているタクシー会社という印象がありました。何度か客として利用したことがありますが、無線やGPSの導入も早かったですね。でも、私が最も惹かれたのは、お客様の視点に立ったサービスです。お身体が良くない方には着席時に必ず補助をする、トランクに荷物を入れる方には必ず降りてサポートをする。時代の最先端を走りながらも、一人ひとりのお客様に寄り添う温かみがあることに魅力を感じていました。

基礎が固まってこそ、創造力が活きる

つばめのサービスが優れている背景には、懇切丁寧な指導があります。私も入社後は親身に育てられてきましたし、9年前に指導員になってからは、新人の成長を長い目で見守っています。自己紹介のタイミング、ドアサービスの方法、接遇のコツ、街中での流し方といった様々なことを教えていますが、伝えられたことに縛られる必要はありません。自分なりの創造力を活かして、サービスをアレンジしてもいい。それが可能なのは、基礎をしっかりと研修で固められるからなんですよ。

名古屋は、創造力を走らせやすい街

私は生まれが関西で、東京に住んでいたこともあります。これらの都市と比べると、名古屋は運転がしやすいですね。街がコンパクトにまとまっていて、そこまで渋滞になることもないし、道も碁盤の目に区画されていて分かりやすい。他府県から移住する人でも3~4ヶ月も運転すれば、カーナビがなくても大体の道を覚えられるはずです。「お客様は何を求めているのか」を考えることに注力できるので、創造力を走らせるフィールドとして、名古屋は最適な街ではないでしょうか。

蔭山 浩和
HIROKAZU KAGEYAMA

社歴

1年目

前職

自衛隊

趣味

音楽鑑賞、ツーリング

転職動機

民間の仕事に関わってみたい

入社理由

笑顔の素晴らしさ

入社後感じたこと

安全の重要性

つばめで働きたくて、鹿児島を離れた

海上自衛隊を36年間勤め上げた後、民間の会社を探していたときに興味を持ったのがつばめタクシー。当時、私は鹿児島に住んでいたので社名は知らなかったのですが、情報を集めれば集めるほど、おもてなしの素晴らしさが伝わってきました。ドライバーの笑顔が素晴らしいという話もよく聞きましたね。面接で職場の一面を垣間見たとき、評判通り、いや評判以上の印象を抱いたことを覚えています。どうしてもつばめで働きたいと思い、鹿児島に家族を置いて、単身で名古屋に来ました。

無事故無違反も、創造力の1つ

民間の会社に勤めるのは初めてですが、そんな自分だからこそお客様に提供できる価値はあると思っています。今は研修期間中なのでドライバーデビューはこれからですが、自衛隊生活の話でお客様と盛り上がることもあるかもしれません。礼節を重んじる環境に身を置いてきたので、おもてなしにも自分の色を出していきたいですね。自衛隊とドライバーの共通点を挙げるなら、まずは安全第一であるということ。会社からも指導員からも、無事故無違反の大切さを伝えられています。無事故無違反を守ることも、創造力の1つではないでしょうか。

家族の支えを感じながら、新しい自分を見つけたい

これまでは神戸と鹿児島で暮らしていたので、名古屋に住むのは初めてです。名古屋に知り合いはいませんでしたが、寮には他のドライバーがいるので、仕事以外で顔を合わせることもたまにあります。仲間が近くにいるので、寂しさを感じることはあまりないですね。家族の顔が見たくなったときはテレビ電話をかけていますし、長期休暇を取得して鹿児島に帰ることもできます。私の挑戦を応援してくれている家族には感謝の気持ちしかありません。単身で名古屋に行くと決めたときも、「父ちゃん頑張れよ」と声をかけてくれました。家族の支えを感じながら、つばめで新しい自分を見つけたいと思っています。

ENTRY
NAKAMURA-KU
名古屋市 中村区
ENTRY
MINATO-KU
名古屋市 港区
ENTRY
MORIYAMA-KU
名古屋市 守山区
ENTRY
CHIKUSA-KU
名古屋市 千種区
ENTRY
YOKKAITI-SHI
三重県 四日市